相談事例

福山の方より遺言書についてのご相談

2020年01月14日

Q:父の遺言書に記載のない財産が見つかりました。(福山)

福山で生まれ、結婚してからも福山に住んでいる60代の主婦です。両親も福山に住んでおりますが、私が結婚してからは同居しておりません。闘病生活を送っていた父が先月亡くなり、先日慣れ親しんだ福山の実家にてお葬式を済ませました。お葬式に関する手続きや作業が終わりましたので、最近になって遺品整理をし始めたところ手書きの遺言書が見つかりました。遺言書は勝手に開封してはいけないと聞いていたため、家庭裁判所にて検認をして開封しました。遺言書に従って問題なく遺品整理を進めていたと思っていたのですが、途中で遺言書に書かれていない財産があることに気づきました。母の話では、亡くなる前に福山の不動産を購入したそうです。遺言書は不動産購入前に作成したとみられ、それ以前に作成した遺言書には書き加え忘れたようで、福山の不動産に関しての記載だけが漏れています。このような場合、福山の不動産の手続きはどのように進めたら良いですか?(福山)

 

A:遺言書に記載のない相続財産は、遺産分割協議書を作成して対応します。

相続財産を把握しきれず、“記載のない財産の扱いの仕方”について遺言書に書かれる方もいらっしゃいますので、最初にそのような項目がお父様の作成された遺言書の中にないか確認することをおすすめします。

もしそのような“遺言書に記載のない遺産の相続方法”が書かれていたら、その記載内容に従い相続します。特に記載がない場合は、その財産については相続人全員で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成し、作成した遺産分割協議書に従い相続します。また、不動産の登記変更の際にもこの遺産分割協議書が必要になります。

遺産分割協議書は手書きでもパソコンでも作成でき、形式や書式、用紙についても規定がありませんが、内容を確認後、相続人全員に署名、実印で押印してもらい印鑑登録証明書を準備しましょう。

 

相続は初めて手続きをすることも多く戸惑われる方も多いと思います。福山相続遺言相談室では、相続のみならず遺言書の作成に関するご相談も数多くいただいております。遺言書の作成は相続において非常に大切な生前対策の一つです。
法律上無効となる遺言書を作成しても全く効力を持たないものとなってしまいますので、作成する際には専門家の豊富な知識に頼ることをお勧めします。残されるご家族の為に、もめない遺言書を作成したいという方は、お気軽に福山相続遺言相談室へご相談ください。福山で遺言書に関するお困り事に対しまして、随時初回無料の相談を実施しております。福山の方はもちろんや福山周辺にお住まいの方は、お気軽にお立ち寄りください。

福山の方より相続についてのご相談

2019年12月13日

Q:子どもがいない夫婦です。相続時のために今から出来ることを教えてください。(福山)

私たち夫婦は現在、福山に住んでおります。結婚後に広島から福山に移住して、もう25年になります。私たち夫婦には子供がおりませんが、ここ福山を安住の地として今後も2人で余生を楽しみ、のんびりと暮らしていきたいと思っています。しかし、私たちもいい歳になり、将来の相続について少し考えるようになりました。相続財産としては今住んでいる福山の自宅の不動産と預貯金になりますが、今は2人とも元気ですので相続時の対策は何もしていません。今から出来ることや準備しておいた方がよいことがあれば、教えてください。専門家の方のご意見・アドバイスをお聞きしたいです。(福山)

 

A: 相続についてご自身の意向とご不安な点を明確にして準備することから始めましょう。

福山相続遺言相談室にご相談いただき、ありがとうございます。当相談室では、相続について生前に出来ることを各ご相談者様の状況に合わせてご提案させていただきます。

まずはご自身が相続についてどのようにお考えで、どうしたいのか、といったご意向をはっきりさせ、ご不安な点を明確にすることから始めると良いかと思います。

そのうえで、お子様のいらっしゃらないご夫婦にお勧めしたい相続対策の一つとして「遺言書の作成」があります。

例えば、配偶者の方が先に亡くなっていた場合、ご自身にご兄弟や姉妹がいるときは、その方々が相続人となります。しかし、そういった親戚の方々と疎遠になっているケースですと、ご自身の遺産が意図せず親戚の方々に相続されてしまうのでは、と懸念される方もいらっしゃいます。もし、「自分の遺産は配偶者に、配偶者が先に亡くなっている場合には、親戚ではなく特定の慈善団体に寄付をしたい」というようなご意向がある場合には、ご自身の意思を遺言書に書き記しておくことが有効です。

遺言書の作成の他にも、ご自身がお元気なうちにできる相続時の対策はあります。まずはどのような相続の方法をご希望なのか、認知症などになってしまった場合はどうしたいのか、などご自身の今後のご意向を一つ一つ具体的にしていき、そのご意向に沿ってあらゆる事態に備えて取り決めをしておき、今抱えているご不安を解消するとよいでしょう。専門家であればそのサポートをすることができますので、司法書士などの専門家へ一度ご相談いただくのも一つの方法です。

福山相続遺言相談室では相続に関するご心配事やお困りごとに初回の無料相談からご対応しております。福山近郊にお住まいの方はお気軽にお問い合わせください。

福山の方より相続についてのご相談

2019年11月16日

Q:父に借金があることを知らずに相続してしまい、今から相続放棄したい。(福山)

生まれてからずっと福山に住んでいる50代の主婦です。すでに母親は他界しており、弟は母が亡くなってから福山市内にある古い実家に引っ越し、父の面倒を見ながら一緒に住んでおりました。私は結婚したこともあり近所の一軒家で別々に暮らしております。先月父が亡くなり、葬儀は家族の慣れ親しんだこの福山で済ませました。その後しばらくして父が暮らしていた自宅を売却することにしました。父の相続財産を弟と公平に分けるため不動産より現金化した方が良いだろうと思ったのが一番の理由です。また、自宅は老朽化が激しく、弟もこのまま住み続けるよりは相続した現金で別の場所に住みたいと言っていたこともあり、思い出の詰まった生家を手放すことには抵抗もありましたが、決断致しました。その後売却代金は私と弟が平等に受け取っております。

ところがある日、遺産分割協議を終え平穏な日々が訪れたかと思いきや、ある金融機関から連絡があり、父が生前多額の借金をしていたことが分かりました。先方は私と弟に父の借金を返済して欲しいと言っています。

私も弟も借金については初耳でした。またその借金は多額で、相続した財産でも足りない額でした。弟と相談しまして、借金を相続したくはないので、可能であれば相続放棄をしたいのです。相続について素人なりに色々調べたところ、父が亡くなってからまだ3ヶ月が過ぎていないので相続放棄の期限内であるかと思います。相続放棄できますか?(福山)

 

A:単純承認とみなされれば、3か月以内であっても相続放棄することは出来ません。

確かにご相談者様がおっしゃるように、“自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内”であれば、原則相続放棄をすることが可能です。

しかしながら今回ご相談者様は、借金などのマイナスの財産も含めて相続財産をすべて継承する「単純承認」したこととみなされる可能性が高いでしょう。

 

法定単純承認は民法で以下のように定められています。

第921条【法定単純承認】

次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。
 

一 相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第602条【短期賃貸借】に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。

 

遺産相続をした後に亡きお父様に借金があることを知ったとは言え、お父様が亡くなられ、ご相談者様と弟様が、自己のために相続の開始があったことを知りながら、相続財産の売却のような相続財産の全部又は一部の処分をした場合は、単純承認をしたことになるのです。

単純承認については具体的な方式が不要ですので、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に「限定承認」又は「相続の放棄」をしなくても、単純承認したとみなされますので注意が必要です。

単純承認とみなされますと、基本的に相続の放棄はできなくなるため、ご相談者様のケースのように、期限内であると思われても相続放棄をすることはできなくなります。

 

福山にお住まいで、相続についての相談がある方は福山相続遺言相談センターの無料相談をご利用ください。私どもは福山市役所すぐ横に事務所を構え、福山の司法書士が親身になって相続や遺言書作成、生前対策に関して全力でサポートをいたしております。お気軽にお問い合わせください。

福山の方からいただいた相続のご相談

2019年10月09日

Q:法定相続分の割合が知りたいです。(福山)

先日、福山の実家に住む母が亡くなりました。その遺産の分け方について、誰が相続人になるのかと、法定相続分の割合についてお伺いしたいです。家族構成は父と長女である私、妹となります。母には兄と弟がおりますが、それぞれの相続人が受け取る割合はどのようになるのでしょうか。(福山)

 

A:まずは法定相続人を確認しましょう。

相続人となるには優先順位があり、同順位の相続人が複数人いるときの相続分が民法で定められています。この法律で定められている遺産の割合(取り分)を法定相続分と言います。
まずは亡くなられたお母様に対して誰が法定相続人になるのかを確認しましょう。
配偶者は必ず法定相続人になります。続いて順に子供や孫(直系卑属)は第一順位、父母(直系尊属)は第二順位、兄弟姉妹(傍系血族)は第三位となります。
上位の方が既に亡くなっている場合には、次の順位の人が法定相続人となります。
今回のご相談の場合は第一順であるご相談者様と妹様がご存命ですので、順位が下位であるお母様のご兄弟お二人は法定相続人には該当致しません。
また、被相続人に配偶者がいるかどうかで法定相続分の割合は変わってきます。

◎配偶者がいる場合
法定相続人が配偶者と子の場合は〈配偶者〉1/2、〈子〉1/2を子の人数に応じで均等に分けます。法定相続人が配偶者と父母の場合は〈配偶者〉2/3、〈父母〉残りの1/3を人数に応じで均等に分けます。法定相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合は〈配偶者〉3/4、〈兄弟姉妹〉1/4を人数に応じて均等に分けます。

◎配偶者がいない場合
法定相続人の人数に応じて均等に分けます。

今回のご相談者様の場合、法定相続分だと配偶者にあたるお父様が1/2、ご相談者様と妹様が1/2を均等に分けるためそれぞれ1/4となります。

法律で定められている法定相続人とその相続分は上記のとおりですが、必ずしもその通りに分けなければならない、というものではありません。法定相続人同士で遺産分割協議をすることで、誰がどの遺産を、どのくらい相続をするのかという事を自由に決める事が可能です。
しかしながら、遺産分割協議などの話し合いでは分配の内容がなかなか決まらない、まとまらない、揉めている、といったこともしばしば起こります。そういった場合、話し合いをスムーズに進めるためにも、この法定相続分を基準にすることが一つの手助けとなるのではないでしょうか。

ここでご説明した内容は一般的なものとなります。福山にお住まいの方で、相続にお困りの方は福山相続遺言相談室までご相談下さい。相続人の調査など、相続について幅広くお手伝いをさせて頂きますので、福山の相続専門家として最後まで親身にサポートいたします。

福山の方からいただいた相続のご相談

2019年09月17日

Q:私には離婚歴がありますが、前妻と内縁の妻のどちらが私の相続人になりますか?(福山)

私は福山在住35年です。妻とは15年前に離婚し、現在は数年前より内縁関係になった女性と福山の自宅で一緒に暮らしており、このままこの内縁の妻と福山に永住するつもりでおります。
このように、内縁の妻と福山で終生添い遂げようと考えているところ、前妻とは色々とあって離婚したため、これまでも前妻と連絡を取り合うことはありませんでしたが、前妻が私の相続財産を受け取ることはもちろんのこと、生前にも連絡を取ることは避けたいと考えております。なお、私には前妻との間にも、現在の内縁の妻との間にも子供はおりません。
このような状況で、私の相続人は誰になるのでしょうか?(福山)

 

A:離婚した前妻と内縁の妻のいずれも相続人にはなりません。

現在ご結婚をされていない立場のご相談者様の相続人が誰になるのか、ご不安でいらっしゃることと思います。

現在、ご相談者様には一緒に暮らす内縁の奥様がいらっしゃるところ、離婚した前妻がご相談者様の財産の相続人になるのかどうかをご心配しておられますが、前妻は相続人にはなりません。また、前妻との間にお子様はいらっしゃらないとのことですので、前妻に関係する方の中には相続人はいないことになります。したがって、今後も前妻に関係する方々とは特に連絡を取り合う必要性が出てくることはないと思います。
しかし、ご相談者様の状況で注意していただきたい点は、内縁の奥様も相続人にはならないということです。

民法では、法定相続人は下記のように定められていますので、ご参考になさってください。
 

法律上の配偶者:常に相続人

第一順位:子。なお、子が被相続人より以前に死亡したときと子が相続欠格、廃除により相続権を失ったときは被相続人の直系卑属の孫

第二順位:被相続人の直系尊属

第三順位:被相続人の兄弟姉妹

※上位の順位の定めに従って相続人となるべき者がいない場合には、次の順位の人が相続人となります。

ご相談者様は、内縁の奥様と終生添い遂げたいとのことですが、現在のままではご相談者様の財産を相続する権利はありませんので、生前のうちに対策が必要になります。

ご相談者様が内縁の奥様へ財産を残したいという希望を明確に持っていらっしゃる場合には、内縁の奥様のためにも遺言書を作成して遺贈の意思表示をしておくことをお勧めします。また、その際には公正証書遺言の方式で作成することにより、確実な遺言書となり、安心して内縁の奥様へ財産を残すことが可能になります。

なお、ご相談者様に相続人が存在しない場合には、特別縁故者に対しての財産分与制度を利用することでご相談者様の相続財産を内縁の奥様が受け取ることが可能になる場合があります。

福山にお住まいで、相続についての相談がある方は福山相続遺言相談センターの無料相談をご利用ください。私どもは福山市役所すぐ横に事務所を構え、福山の司法書士が親身になって相続や遺言書作成、生前対策に関して全力でサポートをいたしております。お気軽にお問い合わせください。

3 / 712345...

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

【受付時間】平日:9:00~18:00 土日祝・時間外対応可能(要予約)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック広島の専門家

当相談室を運営しております瀬川司法書士事務所の代表 瀬川が「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします