相談事例

福山の方より遺産相続についてのご相談

2019年01月10日

Q:相続人に認知症の人がいる場合の遺産相続(福山)

弟の相続についての相談です。弟は結婚をしておらず子供もおりませんでしたので、相続人は両親になります。相続人である母が現在認知症を患っており施設に入所しております。介護度も高いので物事の判断はつかない状態ですが、遺産分割協議を行う上で何か手続きが必要になりますか?(福山)

A:認知症の方の代理人が必要になります。

認知症を患っている場合、意思判断能力が十分でない事からその方の意思は法的に認められません。しかし、遺産分割協議は相続人全員での協議が前提となりますので、認知症だからといってその相続人を省いて協議を進める事は出来ません。ですから、認知症の相続人には代理人を立てる必要があります。身内だからといって、認知症の方にかわり家族が署名や実印を使用する事は法律により違法とされていますので絶対にしないようにしましょう。

相続の場合、同じ相続人であるお父様は利益相反となるため、お母様の成年後見人として遺産分割協議に参加することは出来ません。家庭裁判所が選任する成年後見人をたてる事になります。なお、遺産分割協議後も成年後見制度は続きます。

福山の方で、相続人に認知症の方がいて成年後見人の申立てを家庭裁判所へとする必要がある方は、私どもにお任せ下さい。敷居の高い家庭裁判所への申立ての準備、手続きのお手伝いも経験豊富な司法書士がさせて頂きます。どんな些細な事でも構いません。ぜひお気軽にご相談下さい。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

【受付時間】平日:9:00~18:00 土日祝・時間外対応可能(要予約)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック広島の専門家

当相談室を運営しております瀬川司法書士事務所の代表 瀬川が「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします