相談事例

福山の方より相続放棄についてのご相談

2021年04月08日

Q:司法書士の先生にご相談なのですが、一度相続財産に手を付けてしまった場合でも、後から相続放棄することは可能でしょうか?母(福山)

福山在住の50代主婦です。2ヶ月前に福山の病院で父が亡くなりました。母は私が幼い時に他界しており、兄弟姉妹もいないのでおそらく相続人は私のみです。父の相続財産としていくらかの預貯金と福山の実家があります。私は結婚しており、福山から離れたところに住んでいるため、誰も住まなくなる福山の実家を売却し、売却金を受け取りました。しかし、近頃になって債権会社から通達がありました。確認したところ父に多額の借金があったことが判明し、借金の金額はすぐに返済できるような額ではありませんでした。そこで司法書士の先生にご相談なのですが、このような状況でも相続放棄することは可能なのでしょうか?(福山)

A: 原則、相続後は相続放棄することはできません。

この度は、福山相続遺言相談室にお問い合わせありがとうございます。
基本的に一度被相続人の財産に手を付けてしまうと「単純承認」したとみなされプラスの財産(預貯金や不動産等)だけでなくマイナスの財産(借金等)も全て含めて継承する相続をしたとみなされます。ですので、ご相談者様のようにお父様が亡くなられ、遺産相続をした後にお父様に借金があることを知ったとしても相続人が想像財産を売却するなど相続財産の全部、又は一部の処分を行った場合は、単純承認をしたこととなります。
また、「単純承認」の注意点として相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に「限定承認」又は「相続放棄」を行わなかった場合に自動的に単純承認が成立してしまい、それ以降は限定承認や相続放棄ができないことになります。
今回のご相談者様のように被相続人が知らないところで借金を抱えているような事例も少なくありません。ご自身が相続人となった場合は、専門家に相談して遺産のすべてをしっかり確認してから、相続放棄をするか否かの結論を出すことをおすすめいたします。

福山相続遺言相談室では、お客様のお悩みを解決すべく、専門家が無料相談にてご相談を承っております。福山周辺にお住まいの皆様、遺言書の作成はもちろん、不動産登記や相続対策についてもサポートさせていただいております。まずはお気軽にご相談ください。
福山相続遺言相談室は福山の皆様のお問い合わせを心よりお待ちしております。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

【受付時間】平日:9:00~18:00 土日祝・時間外対応可能(要予約)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック広島の専門家

当相談室を運営しております瀬川司法書士事務所の代表 瀬川が「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします