相談事例

福山の方より相続についてのご相談

2019年11月16日

Q:父に借金があることを知らずに相続してしまい、今から相続放棄したい。(福山)

生まれてからずっと福山に住んでいる50代の主婦です。すでに母親は他界しており、弟は母が亡くなってから福山市内にある古い実家に引っ越し、父の面倒を見ながら一緒に住んでおりました。私は結婚したこともあり近所の一軒家で別々に暮らしております。先月父が亡くなり、葬儀は家族の慣れ親しんだこの福山で済ませました。その後しばらくして父が暮らしていた自宅を売却することにしました。父の相続財産を弟と公平に分けるため不動産より現金化した方が良いだろうと思ったのが一番の理由です。また、自宅は老朽化が激しく、弟もこのまま住み続けるよりは相続した現金で別の場所に住みたいと言っていたこともあり、思い出の詰まった生家を手放すことには抵抗もありましたが、決断致しました。その後売却代金は私と弟が平等に受け取っております。

ところがある日、遺産分割協議を終え平穏な日々が訪れたかと思いきや、ある金融機関から連絡があり、父が生前多額の借金をしていたことが分かりました。先方は私と弟に父の借金を返済して欲しいと言っています。

私も弟も借金については初耳でした。またその借金は多額で、相続した財産でも足りない額でした。弟と相談しまして、借金を相続したくはないので、可能であれば相続放棄をしたいのです。相続について素人なりに色々調べたところ、父が亡くなってからまだ3ヶ月が過ぎていないので相続放棄の期限内であるかと思います。相続放棄できますか?(福山)

 

A:単純承認とみなされれば、3か月以内であっても相続放棄することは出来ません。

確かにご相談者様がおっしゃるように、“自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内”であれば、原則相続放棄をすることが可能です。

しかしながら今回ご相談者様は、借金などのマイナスの財産も含めて相続財産をすべて継承する「単純承認」したこととみなされる可能性が高いでしょう。

 

法定単純承認は民法で以下のように定められています。

第921条【法定単純承認】

次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。
 

一 相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第602条【短期賃貸借】に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。

 

遺産相続をした後に亡きお父様に借金があることを知ったとは言え、お父様が亡くなられ、ご相談者様と弟様が、自己のために相続の開始があったことを知りながら、相続財産の売却のような相続財産の全部又は一部の処分をした場合は、単純承認をしたことになるのです。

単純承認については具体的な方式が不要ですので、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に「限定承認」又は「相続の放棄」をしなくても、単純承認したとみなされますので注意が必要です。

単純承認とみなされますと、基本的に相続の放棄はできなくなるため、ご相談者様のケースのように、期限内であると思われても相続放棄をすることはできなくなります。

 

福山にお住まいで、相続についての相談がある方は福山相続遺言相談センターの無料相談をご利用ください。私どもは福山市役所すぐ横に事務所を構え、福山の司法書士が親身になって相続や遺言書作成、生前対策に関して全力でサポートをいたしております。お気軽にお問い合わせください。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

【受付時間】平日:9:00~18:00 土日祝・時間外対応可能(要予約)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック広島の専門家

当相談室を運営しております瀬川司法書士事務所の代表 瀬川が「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします