危急時遺言について

遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種があります。これらの中からいずれかの形式を選んで遺言を記すことになりますが、この他に特別な方式として、危急時遺言というものがあります。

この危急時遺言は、死期が差し迫っている状態で残す遺言形式の事を言います。方法として、証人3人以上が立ち会い、遺言者が口述した内容を筆記し内容を記します。

注意点として、口述筆記となり録音は無効となります。立会人の行う筆記は、自筆でもパソコンによる記入でも問題ありません。

口述筆記が完了したら、遺言者と筆記した証人以外の2名の証人は内容についての確認をしたうえで、署名・押印をします。

この遺言書は、あくまでも緊急時に行う方法になります。この危急時遺言は作成後20日以内に家庭裁判所へと届け出を行う必要があります。

家庭裁判所への提出時に必要な資料

  • 作成した一般危急時遺言の写し
  • 病院の診断書
  • 遺言者・立会証人全員の戸籍謄本
  1. 以上の用意が必要となります。

この一般危急時遺言は、作成後に遺言者の状態が回復し、自筆で遺言書を作成する事が可能になってから6ヶ月を経過した場合には、以前に作成した危急時遺言は無効となります。

 

危急時についてご説明をいたしましたが、これはあくまでも緊急的な場合についての遺言書作成方法になります。やはり、遺言書を残すのであれば、意思判断能力が十分にあり自分の意思をきちんと表現げできる状態で作成をする事が望ましいでしょう。

遺言書作成について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします