相続手続きを代理人に依頼したい

相続が発生したが、時間がなく、自分で相続手続きを行うことができない、手続きが全く分からないので代理人に依頼したいという場合、依頼先は様々です。

ここでは、弁護士、信託銀行、司法書士への相続手続きを依頼した場合について解説していきます。

弁護士へ依頼する場合

相続手続きにおいて、弁護士に依頼するのは、遺産分割調停をする場合の依頼者の代理人として弁護士に依頼をするといった場面です。依頼者の代理人になれるのは、有資格者でも弁護士だけです。弁護士は、両者の中立な立場で代理人になるのではありません。依頼者の代理人となる為、利害関係のある両者の代理人になることはできません。

弁護士の先生は遺産分割が進まない場合や、相続トラブルになる場合には、非常に頼りになる存在であることは間違いありません。

しかし、一般的には「弁護士の報酬は高い」というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。弁護士の報酬は自由化されており、直接弁護士の先生に問い合わせる必要があります。

 

信託銀行に依頼する場合

相続手続きを信託銀行に依頼するという場合について解説します。信託銀行に相続手続きを依頼するには、信託銀行を遺言執行者に予め指定しておく必要があります。

信託銀行に相続手続きを依頼する場合は、遺言によって信託銀行を遺言執行者に指定している必要があります。遺言執行者に指定されている信託銀行は、代理で相続手続きを進めることができます。

信託銀行は信頼度の高い組織ですが、担当者は法律の資格を有しているわけではありませんので、相続手続きに法的資格がないと手続きを進めらない場合には、司法書士や税理士の先生に依頼する必要がでてきます。ですから、司法書士や税理士に直接依頼するより費用が掛かってしまいます。

 

司法書士に依頼する場合

司法書士に相続手続きを依頼する場合には、司法書士と相続財産管理人契約を結ぶことにより、相続手続きの業務を依頼することが可能です。
しかし、相続人の間での争いがないことが前提となります。司法書士は依頼者の代理人という立場ではなく、中立な立場での代理人として相続手続きを進めていくこととなります。

司法書士に相続手続きの代理してもらうケースとして、例えば

  • 相続人が複数人いる
  • 相続人が地方に点在していて全員が集まって話あうことが難しい
  • 第三者に相続手続きを任せたい
  • 多忙なため自分で相続手続きを進めることが難しい

このような相続でのお困りの際には司法書士にご依頼されるケースが多くみられます。

また、司法書士の報酬は個別契約となります。

相続手続きを代理人に依頼したい場合には、上記の事を念頭におき、お考えください。福山にお住まいで、司法書士に依頼したいとお考えの方は、お気軽に福山相続遺言相談室にお問合せください。初回の相談は無料でお伺いいたします。

 

相続手続きについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

【受付時間】平日:9:00~18:00 土日祝・時間外対応可能(要予約)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック広島の専門家

当相談室を運営しております瀬川司法書士事務所の代表 瀬川が「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします