死後事務委任契約

死後事務委任契約の締結

死後事務委任契約について、ご説明を致します。

生前に契約していた事務の委任契約は、原則として亡くなった時点で効力を失います。言い方を変えますと、生前の事務委任契約だけではご自身の死後の事務手続きを代行してもらう事は出来ないのです。そうなると、葬儀や病院への支払い、役所への手続きなどについては、何もしてもらえないという事になります。

身よりのない方や親族に事務を任せる事が出来ない(任せたくない)という方は、予めこの死後事務委任契約を結んでおく事をお勧めいたします。ご自身の死後について、ご自分の意思や希望に沿った手続きの代行をしてもらえるように準備をしておきましょう。

 

死後事務委任契約の内容

死後事務委任契約内容は、様々な内容を盛り込むことが可能です。遺言の執行を誰に依頼するのか、医療費や入院費の支払いや役所への届け出など、自分の希望をそのままお願いする事が出来るのです。専門家と相談をしながら、死後の手続きについて取り決めておき、ご自身のもしもの時に備えて準備をしましょう。

 任意後見契約と死後事務委任契約

最近では、任意後見契約と死後事務委任契約を一緒に契約する方というのが増えています。生前の対策として任意後見を結び、いざ亡くなってからの事務手続きについては死後事務委任契約によりサポートしてもらう事で、任意後見人が生前と死後についてを全面的にトータルサポートする事が可能になるからです。

司法書士や行政書士といった専門家と契約をすると、相続等の法律が関係する手続きを含めた一切の事務についてをカバーしてもらえる為、一貫してサポートをしてもらえるというメリットがあります。

福山相続遺言相談室では、任意後見契約や死後事務委任契約についてのご相談やサポートも行っております。話を聞いてみたい、といったご相談でも構いませんので、まずはお気軽に無料相談までお越しください。

生前対策について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

アクセス

  • 事務所所在地

    地図
    〒720-0065
    福山市東桜町2番11号
    福山センタービル5階

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします