相談事例

福山の方より頂いた相続放棄についてのご相談

2020年08月08日

Q:司法書士の先生にお伺いしたいのですが、先日母が亡くなり遺産相続しました。後になって母に借金があることが分かったので相続放棄をしたいのですが可能でしょうか。(福山)

私は生まれてからずっと福山に住んでいます。半月ほど前、近所に住む実母が亡くなり、福山市内の斎場で葬儀を済ませました。我が家は父も数年前に他界しており、母は父と住んでいた福山の実家で私と頻繁に連絡を取りながら一人暮らしをしておりました。両親が暮らしていた実家は母が亡くなってから住む人がいなくなるため、寂しい気持ちもありましたが維持費などの節約のため売却し、相続人である私が売却金を受け取りました。

ところが母が亡くなってしばらくすると、母に借金の返済請求が来ました。母に借金があったなんて寝耳に水ですし、そんな様子もなかったので心底驚いています。

内容を確認したところ、その額はすぐに返済できるようなものではなく、正直相続放棄してしまいたいのですが、一度相続をしてしまっても相続放棄することは可能でしょうか?(福山)

 

A:相続財産の全部、又は一部を処分した場合は相続放棄することは難しいでしょう。

相続人は、相続財産の売却等、相続財産の全部、又は一部を処分した場合は「単純承認」をしたことになります。この「単純承認」は、借金などのマイナスの財産も含め、全ての相続財産を継承する相続方法です。この場合、お母様が亡くなり遺産相続をした後にお母様に借金があることを知ったとしても、すでに自宅を売却していますので、遺産を処分したこととなり相続放棄は難しいでしょう。なお、「限定承認」と「相続放棄」の申請には期限があります。相続の開始があったことを知った時から3か月以内に「限定承認」又は「相続放棄」をしなかった場合は単純承認したこととみなされます。期間の経過により単純承認したことになるとそれ以降は限定承認や相続放棄はできません。

今回のご相談者様のケースでは期限である3か月は過ぎてはいませんが、単純承認に当たりますので、相続放棄することはできません。

今回のように、被相続人が借金を抱えていることを相続人が知らなかったというケースは多くあります。ご自身が相続人となった場合は、まず相続放棄に特化した専門家に相談して遺産のすべてをしっかり確認してから、相続放棄をするか否かを判断しましょう。

福山相続遺言相談室では、福山の皆様の相続放棄についてのご相談に無料相談の場をご用意してお待ちしております。相続放棄には期限がありますので、不安になる方も多いと思います。福山相続遺言相談室では、お客様のお悩みを解決すべく相続の専門家である当相談室の所員が福山の皆様の親身になってご対応させて頂いております。全所員一同、福山にお住いの皆様のお困り事をスムーズに解決するお手伝いをさせて頂きます。福山の皆様からのご連絡をお待ちしております。

福山の方より頂いた相続放棄についてのご相談

2020年07月14日

Q:司法書士の先生へ、兄の借金を相続放棄したいので相談をしたい。(福山)

福山に住んでいた兄が少し前に亡くなりました。私は福山から離れてくらしていますので、葬儀の際に久しぶりに兄嫁と顔を合わせましたが、それ以降は特に連絡もなく過ごしておりました。ところが先週、私宛に債権者から兄の借金返済についての通知が届き、生前に兄から何か依頼されたこともなく全く身に覚えがなく困惑しております。そもそも、兄には家族がいましたので私は相続人ではありません。その私にこのような通知が届きましたので、直接債権者に問い合わせをしたところ、兄嫁が相続放棄をしたために、私が負債を相続することになっていたようです。

兄とはそこまで仲がよかったわけでもなく、また兄嫁とは数回顔を合わせたくらいの関係ですので、私が返済をすることに納得がいかずにいます。相続放棄の期限が3ヵ月だと耳にしましたが、兄がなくなってからすでに5ヶ月ほど経とうとしています。このまま私が借金を返済しなければならないのでしょうか?(福山)

 

A:相続放棄を知ったのが最近である場合には相続放棄の期限に間に合う可能性もあります。

ご相談者様がご心配されている相続放棄の期限についてですが、自己のために相続開始を知ったときから3ヵ月以内とされていますので、被相続人の死亡日から数えているものではありませんのでご安心ください。

ですから、今回のケースではご相談者様がご自身に相続が発生したことを知ったのはお兄様の死亡日から5ヶ月となり、この知った日から3ヵ月以内が相続放棄の期限となります。債権者からの請求があったのは最近とのことですから、直ちに家庭裁判所へと相続早期の申述をすれば、相続放棄の期限内に手続きをすることが十分可能です。

ただし、注意しなければいけないのは、相続放棄の期限を知らなかった人がその法律を知った時点から3ヵ月以内に相続放棄すればいいという意味ではありません。現在の日本の法律では、日本国籍の成人については法律を知らないかったという理由は認められません。

福山相続遺言相談室では、福山での相続放棄のご相談について無料相談をご用意しております。相続放棄は期限がありますので、不安になる方も多いと思います。ぜひ相続の専門家である当相談室の所員にご相談下さい。現在お困りのご状況をお伺いし、スムーズに円満に解決するお手伝いをさせて頂きます。

福山の方より相続についてのご相談

2020年06月11日

Q:義理の父の土地が発見されたのですが、私は相続人になるのでしょうか?(福山)

10年ほど前に亡くなった義理の父親が所有していた土地が福山にあることが分かりました。その土地の存在については、最近分かった事なので、名義は義理の父のままです。 福山に住んでいた義理の父が亡くなった際には、財産がないと思われていた為、相続人全員での遺産分割協議を行っていませんでした。当時の相続人は、義理の母と夫と夫の妹の3人でした。しかし、4年前に私の夫は他界しています。私と夫との間には子供が1人おります。この場合、私や亡き夫の子供は今回発見された義理の父親が所有していた土地の相続に関係するのでしょうか?(福山)

 

A:今回の相続の場合、ご相談者様もご子息も相続人となります。

今回の場合、ご相談者様のご主人様が4年前に亡くなられておりますので、10年前と状況が異なってきます。

今回発見された土地については、義理のお母様とご主人様の妹様は当然ながら相続人となります。さらに、ご主人様がお亡くなりになっているのでその相続人であるご相談者様とご子息も相続人となります。

当時所有していることが分かっていなかった土地について、どのように分割をするのかは相続人間の遺産分割協議によって決めていきます。相続登記には期限がありませんので、遺産分割で誰が相続するのか決まれば、相続登記の手続きを行うことは可能です。

上記のように、相続が開始して不動産の相続登記を行わないままの状態で、相続人が他界してしまい、次の相続が開始することを「数次相続」といいます。

今回発見された土地の相続については、ご主人様がその土地の相続権があるまま亡くなられたので、ご主人様の相続人にあたる人全員が関係してきます。したがって、亡くなられたご主人様の配偶者であるご相談者様とお子様は相続人となります。

 

このように、相続手続きは期限があるものとないものがあり、期限がないからっといって放置しておくことにより、後々手続きが複雑になってしまい、トラブルの原因になってしまいます。そして期限がある手続きは期限内に手続きをしないと取り返しのつかない事態になってしまいます。

福山で相続のご相談でしたら、お気軽に福山相続遺言相談室にご相談ください。当相談室では専門家による初回完全無料相談を随時実施しています。福山にお住まいの方はもちろん、相続人の一人が福山にお住まいの場合や被相続人が福山にお住まいだった場合の相続手続きなどでお困りの際には、お気軽に当相談室へお問い合わせください。

福山の方より相続についてのご相談

2020年05月05日

Q:被相続人の口座は凍結されると聞きました。葬儀費用のための貯金はどうなるのでしょうか?(福山)

私は福山在住の60代会社員です。ここ福山市の一軒家で妻と暮らしており、福山郊外に暮らす子供が2人います。以前より葬儀費用のための貯金をしていますが、最近口座の名義人が亡くなった後に口座が凍結されることがあると耳にしてから不安でなりません。口座が凍結され、妻や子が引き出せなくては貯金してきた意味がなく、このまま貯金を続けてよいものか迷っています。自分の葬儀費用くらい家族に迷惑をかけないで自分でやりたいと思っていますので、この件について教えて頂けますでしょうか。(福山)

 

A:他の相続人の同意がなくても、一定額までは払戻しができます。

金融機関は、口座名義人が亡くなったことを知った後、相続人同士の金銭トラブルに発展する可能性があるため、相続人が勝手にお金を引き出せないように口座を凍結します。多額の金銭が絡む相続では、相続トラブルに発展し、相続人同士仲たがいする例が頻繁にあります。トラブル回避のためにも口座名義人が亡くなったらすぐに金融機関へ連絡をしましょう。その際、役所へ死亡届を提出しただけでは口座は凍結されませんので、相続人等が口座の名義人の死亡を金融機関に申し出、金融機関にその口座を凍結してもらいます。

しかしながら、2019年7月1日から法律の改正があり、各共同相続人は一定金額までの預貯金債権を他の相続人の同意なく払い戻すことが可能となりました。この払い戻しは“一定額”ですので、全預金を引き出すためには以前と変わらず、口座解約の手続きをする必要があります。

 

遺言書のない口座解約手続きには下記のような必要書類を揃えます。

  • 被相続人(亡くなられた方)の除籍謄本、戸籍謄本(改製原戸籍)、(出生~死亡まで)
  • 相続人全員の戸籍謄本(全部事項証明書)
  • 遺産分割協議書(ない場合は銀行所定の手続き用紙に、相続人全員の署名、押印が必要)
  • 相続人全員の印鑑登録証明書

 

上記書類一式と銀行所定の手続き用紙を金融機関へ提出します。その際、口座の名義人の相続人であるという証明、または相続人全員が了承している旨の証明ができる書面を用意しないと解約手続きは行えません。いずれにせよ、解約完了までには時間を要しますので、早急に相続人や受遺者に財産を渡すことをご希望でしたら、お元気なうちに公正証書遺言を作成しておきましょう。

 

相続手続きを進める中で、分からないことや心配なことがありましたら、専門家に依頼することをおすすめいたします。福山相続遺言相談室では、福山を中心に遺産相続・遺言書について、司法書士、行政書士、弁護士などの専門家とのネットワークを構築しており、どのようなお困りごとでも対応できるようにしております。また、福山の地域事情に精通した専門家が、福山の皆様の相続についてのお悩みをサポートしておりますので、福山近郊にお住まいの方は、無料相談をご利用ください。福山の皆様からのご連絡をスタッフ一同お待ちしております。

福山の方より相続のご相談

2020年04月06日

Q:相続財産の調査をしていますが、銀行通帳が見つかりません。(福山)

福山在住の50代の主婦です。先日、福山の実家に住む父が病気で亡くなり、お葬式は福山市内の葬儀場で行いました。相続人は母と私と弟の三人になりますので、今は三人で相続財産を調べ始めているところです。ところが、父の退職金が入っているはずの口座の通帳とカードが見つかりません。生前、父は退職金には手を付けていないと話していたのでどこかにあるはずなのですが見当たりません。銀行さえわかれば相続に必要だと説明すれば何とかなるような気がするのですが、どの銀行か聞いていませんでしたので、問い合わせることも出来ません。私たち家族がそれを調べることは可能ですか?(福山)

 

A:被相続人であるお父様の遺品や自宅を整理し、手がかりを探してみて下さい。

まずは亡くなったお父様がご家族に遺産について伝えるために、遺言やエンディングノートを遺されていないかを確認して下さい。通帳などの情報すべてを遺族が把握していることはむしろ稀ですのでどこかにメモし、まとめている可能性もあります。相続人は、銀行に対して故人の口座の有無、また口座の残高証明や取引履歴などの情報開示を求めることができます。遺言やエンディングノートに本人が残したメモのようなものがない場合は、次のような方法で探してみましょう。
まずは遺品の整理をして通帳やキャッシュカードを探しますが、見つからない場合は、銀行からの郵便物や粗品、カレンダーやタオルなどを手がかりにし、その銀行に問い合わせてみましょう。以上のようなものが全く見つからない場合は、自宅や会社近くの銀行に直接問い合わせます。注意して頂きたいのは、これらの請求をする際は、相続人であることを証明するための戸籍謄本の提出が求められますので、事前に準備しておきましょう。

相続人の調査、財産の調査等、相続には面倒や負担も多く、思うように手続きが進まず予想以上に時間がかかることもあります。ご自身での調査が難しい、またはご不安がある場合は、相続の専門家が在籍する福山相続遺言相談室に依頼し、専門家に託してみてはいかがでしょうか。戸籍の収集から財産調査、相続手続き全般について相続の専門家が豊富な経験をもとにしっかりとサポートさせていただきます。
福山にお住まいで、相続についての相談がある方は福山相続遺言相談室の無料相談をご利用ください。私どもは福山市役所すぐ横に事務所を構え、福山の司法書士が親身になって相続や遺言書作成、生前対策に関して全力でサポートをいたしております。お気軽にお問い合わせください。

1 / 612345...

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

【受付時間】平日:9:00~18:00 土日祝・時間外対応可能(要予約)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック広島の専門家

当相談室を運営しております瀬川司法書士事務所の代表 瀬川が「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします