生前贈与と不動産取得税

不動産取得税とは

不動産取得税とは、不動産の「購入」あるいは「贈与」により不動産(土地・家屋)を取得した場合に課される税金になります。ただし、相続により取得した不動産については課税対象外なので非課税となります。

生前贈与を検討される場合に、相続時精算課税制度を念頭に、贈与税の非課税枠だけを優先してしまうと、むしろ多くの経費が掛かってしまう場合があります。それは下記の理由になります。
 

  • 生前贈与の場合
    特例を使って贈与税が、0円でも固定資産評価2000万円の土地・建物を贈与すると、不動産取得税が30万円ちかく掛かる場合もあります。
     
  • 遺言書を使って相続時に渡す場合
    この場合の贈与税は掛かりません。また相続であれば固定資産取得税も0円です。

 

固定資産の取得税も考えて、生前対策を考える必要があります。固定資産の取得税については、居住用の不動産であるかどうか等によっても変わりますが、税率が決まっていますので事前にきちんと確認するようにしましょう。

 

相続関連の税務と贈与について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

tel

0120-770-563

【営業時間】平日9:00~18:00 【電話受付】平日9:00~21:00

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、広島、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。広島、福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを地域密着型の行政書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●広島本社へのアクセス
広島県広島市南区京橋町9-15 リバーサイド杉岡301号

●福山オフィスへのアクセス
広島県福山市東桜町2-11 福山センタービル5F

アクセス

  • 広島本社

    〒732-0828
    広島県広島市南区京橋町9-15
    リバーサイド杉岡301号
  • 福山オフィス


    〒720-0065
    福山市東桜町2番11号
    福山センタービル5階

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします