不動産の名義変更の手続き

相続した不動産の名義変更について解説いたします。

不動産を相続した場合、被相続人の名義のままではなく、不動産を取得した相続人の名義に変更する手続きを行います。不動産の名義変更は期限などが無いため、そのまま後回しにしてそのまま・・・といったケースも見受けられますが、被相続人の名義のままでいると相続手続きが面倒になってしまったり、トラブルの原因になってしまう事もあります。また、2024年には相続登記の申請が義務化されることが決まっています。ですから、不動産を相続した際には、早めに取得した相続人の名義に変更する手続きを行いましょう。

相続による不動産の名義変更をする場合、相続人全員での遺産分割協議が調い、遺産分割協議書の作成が完了している必要があります。

相続によって取得した不動産の名義変更を相続登記といいます。相続登記は、不動産の所在地の管轄の法務局で手続きを行います。

不動産の名義変更の手続きが必要でお困りの方は、ひろしま相続遺言相談窓口にご相談ください。相続手続きと一緒にすすめられるようパートナー司法書士と連携してサポートいたします。

不動産の名義変更の手続きについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

tel

0120-770-563

【営業時間】平日9:00~18:00 【電話受付】平日9:00~21:00

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当窓口では、広島を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。広島の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを地域密着型の行政書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●広島本社へのアクセス
広島県広島市南区京橋町9-15 リバーサイド杉岡301号

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします