遺言による不動産の名義変更

被相続人が遺言書を残しており、不動産の名義変更が相続登記に該当する場合には、相続人が単独で登記申請(不動産の名義変更をする事が可能です。

また、遺言書に記載されている内容が、遺贈登記になる場合には、不動産をもらう人(登記権利者)と相続人または遺言執行者が共同して申請する必要があります。相続人と共同する場合には、相続人全員の承諾が必要となります。

不動産の承継が、「相続登記」か「遺贈登記」かという判断は、遺言書の書き方により変わってきます。「〇〇に相続させる」という内容であれば相続登記となります。「〇〇へ遺贈させる」「○○に与える」といった内容の場合には、遺贈による所有権移転登記となります。

遺言書が見つかった場合の不動産名義変更については、登記原因が相続なのか、遺贈なのかによっても必要となる書類が異なります。また、遺言執行者が指定されているのか否かによっても手続きが異なってきます。

ご自身で判断がつかない、不動産の名義変更の方法が分からないという場合には、まずは当窓口にご相談ください。当窓口ではパートナーの司法書士と協力し、不動産の名義変更のサポートを丁寧に対応させていただきます。

 

不動産の名義変更の手続きについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

tel

0120-770-563

【営業時間】平日9:00~18:00 【電話受付】平日9:00~21:00

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当窓口では、広島を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。広島の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを地域密着型の行政書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●広島本社へのアクセス
広島県広島市南区京橋町9-15 リバーサイド杉岡301号

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします