未成年者の相続人がいる場合の遺産分割

未成年者の相続人がいる場合、民法により未成年者本人は遺産分割協議が出来ないとされています。通常の法律行為であれば、法定代理人(親権者か未成年後見人)の同意により行う事は可能ですが、相続手続きにおいては特別代理人が遺産分割協議をする必要があります。

 

相続人に未成年者がいる場合の遺産分割協議の方法として、下記の2つの方法があります。

  • 未成年者が成人した後に遺産分割協議をする
  • 未成年者の特別代理人をたて、遺産分割協議をする

通常、未成年者が法律行為を行う際には法定代理人は基本的に両親となりますが、遺産分割協議については、利益相反となる両親が未成年者の代理人として遺産分割協議を行う事は出来ない、とされています。これは親と未成年者の子が相続人となった時に、未成年者である子供の権利を守るという事が理由となります。もし、未成年者の親が代理人となり遺産分割協議を行ったとすると、未成年者の子供の意思に関係なく親が相続財産を自由にする事が可能になります。しかし、子供と親は互いに相続人であり財産を争う関係制ですので、子供が相続するはずの財産も、親(代理人)により減らされる可能性があり、そうなってしまうと未成年者である子供の権利が損なわれるという事態になるのです。(利益相反)

このような事態を避ける為に、未成年の者が相続人となる遺産分割においては、家庭裁判所へ未成年者の特別代理人選任の申立てを行い、選任された特別代理人が遺産分割協議に参加をする事になります。

また、未成年者の子どものみ相続人となる場合については、その未成年者それぞれ1人ずつに特別代人の選任が必要となります。こちらも同じく、家庭裁判所へと特別代理人選任の申立を行います。

遺産分割について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします