遺言執行者について

遺言執行者とは、遺言書の内容の通りに粛々と手続き行う者のことです。

家庭裁判所での遺言の検認が完了したら、遺言の内容を実現していく流れとなります。

遺言書では、遺言執行者を指定することができ、遺言執行者に指定された人が遺言の内容を実行していきます。

遺言執行者は、遺言で必ずしも指定しておく必要はありませんが、財産の遺贈がある場合などには、指定しておくことをお勧めします。

指定された遺言執行者は、遺言内容を実行していきますが、辞退することも認められています。

また遺言による遺言執行者の指定はないが遺言執行者を選任したい場合、相続人や利害関係者が家庭裁判所へ遺言執行人の選任を請求することができます。遺言執行者は誰でもなることができますが、専門家に依頼するのがお勧めです。

 

遺言執行者を専門家に依頼する場合

遺言執行者の指定をする場合は、それなりの知識を要しますので、司法書士や行政書士などの専門家に、依頼されることをお勧めいたします。
遺言執行者は、法的な判断が求められる場面が多々ありますので、相続手続きに強い法律の専門家に依頼することによって、遺言の実行もスムーズになります。

その結果遺族や相続人の負担軽減にもなります。

遺言書を作成したい方、遺言執行者を指定したい場合には、相続手続きに強い専門家の福山相続遺言室へお気軽にご相談ください。

遺言書作成について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

tel

0120-770-563

【営業時間】平日9:00~18:00 【電話受付】平日9:00~21:00

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、広島、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。広島、福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを地域密着型の行政書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●広島本社へのアクセス
広島県広島市南区京橋町9-15 リバーサイド杉岡301号

●福山オフィスへのアクセス
広島県福山市東桜町2-11 福山センタービル5F

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします