相続手続き、遺言書作成、民事信託に関するご相談事例をご紹介いたします。

不動産の名義変更 | 福山相続遺言相談室

福山の方より相続についてご相談

2021年10月05日

Q:父が亡くなり不動産を相続することになったのですが、名義変更の仕方が良くわかりません。ぜひとも司法書士の先生にお伺いしたいです。(福山)

司法書士の先生、はじめまして。私は福山に住む60代主婦です。

半月前のことですが同じ福山で一人暮らしをしていた父が亡くなり、相続が発生しました。
父にはいくらかの預貯金と不動産があり、相続人は私と弟です。
生前父は遺言書を残していてくれたので、福山市内の葬儀場で無事に葬儀を済ませた後、弟と二人で遺言書を開封しました。
すると「不動産についてはすべて長女に譲る」と書かれており、まさか不動産を相続することになるとは思ってもみなかった私は驚きを隠せませんでした。

不動産を相続する場合、父の名義から自分の名義に変更する必要があることは何となく知っていましたが、どのような手続きをすれば良いのか、初歩的なことすらわかりません。

相続を経験するのははじめてのことなので不安で仕方がないのですが、少しでも安心できるように不動産の名義変更の流れについて教えていただけると非常に助かります。(福山)

A:不動産の名義変更は専門知識がなくても行える相続手続きですので、ご安心ください。

はじめて相続を経験されるとなると不安で仕方がないとは思いますが、不動産の名義変更の手続きの流れや必要な書類には決まりがありますので、その通りに進めて行けば問題ありません。

相続が発生した際に遺言書がない場合は相続人全員で遺産について話し合う遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成する必要がありますが、今回は遺言書があるとのことですので作成は不要です。

なお、お父様が所有していた不動産をご相談者様が相続するだけでは、第三者に対して所有権を主張することはできません
相続した不動産の売却についても不動産の名義変更手続き(所有権移転の登記)を済ませてからでないと行うことはできないため、注意しましょう。

〔遺言書がある場合の不動産の名義変更手続きの流れ〕

(1)名義変更申請を行う際に添付する書類を用意

  • 被相続人が亡くなったことを証明する戸籍謄本
  • 不動産を取得する相続人の戸籍謄本
  • 被相続人の住民票除票
  • 不動産を取得する相続人の住民票
  • 遺言書

    (2)登記申請書を作成

    (3)法務局に名義変更申請に必要な書類を提出

    なお、遺贈の場合は上記の書類に加え、不動産の権利書(もしくは登記識別情報)、相続人全員の印鑑登録証明書、相続人全員の戸籍謄本を用意する必要があります。

    不動産の名義変更はこのような流れになりますが、ご相談者様お一人で行うとなると必要な書類を用意するのに時間や手間がかかる可能性があります。
    流れを知ったうえで少しでも不安がある場合は、はじめから専門家に依頼とするいうのもひとつの方法です。

    現在、相続手続きを進めている方で「自分でやるのは不安」「手続きの時間がとれない」などとお困りの際は、福山相続遺言相談室の無料相談をぜひご活用ください。

    福山相続遺言相談室では経験・知識ともに豊富な司法書士が、福山ならびに福山周辺にお住まいの皆様の相続全般に関するお困り事を全力で解決いたします。

    福山ならびに福山周辺にお住まいの皆様、まずはお気軽に福山相続遺言相談室までお問い合わせください。

    福山の方より相続に関するご相談事例

    2019年07月18日

    Q:相続の手続きは自分でもできますか?(福山)

    先日、福山の実家で一緒に暮らしていた母が亡くなりました。父は3年前に他界していますので、母の相続人は私と妹の二人です。妹は福山の別の家で一人暮らしをしていたため、母と一緒に生活をしていた長女の私が母の相続手続きをすることになりました。母の遺産について調べてみたところ遺産は実家の土地・建物と母名義の少額の預金があるだけでした。このように母の遺産の数は少ない状況ですので、相続手続きを私だけで進められるのではないかと思っていますが、相続手続きは専門家に依頼しなくてもできるものなのでしょうか?(福山)

     

    A:相続手続きは、専門家に依頼せずにご自身で行うことも可能です。

    ご自身で相続手続きを完了させることは可能です。ただし、相続手続きには期限が定められているものもありますので、いつまでにどのような手続きをしておかなければならないかに注意しながら進めていく必要があります。

    相続は、借入金のような負債も相続することになりますので、特に、被相続人に借入金がないかということは早めにご自身で調べておかなければなりません。もし、被相続人に多額の負債があるような場合には、相続人は相続放棄をすることになるかもしれず、この相続放棄の手続きは、相続人が被相続人が亡くなったことを知り、かつ、自分が相続人となったことを知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に対してしなければならないとされています。したがって、この3か月以内に被相続人の負債を含めた全遺産についての調査を終わらせておかなければならないことになります。

    また、不動産の名義変更の際には相続人全員の戸籍謄本も必要となりますので、ご相談者様の場合は、亡くなったお母様の戸籍と相続人となる妹様の戸籍の収集も忘れずに行いましょう。

    相続手続きを進める期限の目安としては、相続人の調査と相続財産の調査を被相続人の方が亡くなってから3ヶ月以内で完了させておくとその後の手続きにも余裕が出てきますが、戸籍の収集や銀行などでの預貯金や借入金の調査には2週間から1ヶ月ほどかかる場合があります。その後、相続放棄をするとなると、家庭裁判所への手続きも必要となり、相続人の方の多くが相続手続きの他に被相続人の方の葬儀や埋葬の手続きをしなければならないことを考えますと、相続人の方だけで手続きを進めるには難しい状況になります。

    私ども福山相続遺言相談室は、相続の専門家ですので、相続に係る資料の収集や書類作成は得意としておりますので、スピーディーに安心して相続の手続きを進めることが可能でございます。福山での相続のお手伝いは、ぜひ福山相続遺言相談室へとお任せください。

    初回のご相談は、こちらからご予約ください

     

    フリーダイアル:0120-312-489

    【受付時間】平日:9:00~18:00 土日祝・時間外対応可能(要予約)

    初回の無料相談実施中!

    • 事務所へのアクセス
    • 事務所案内
    • お問合せ

    当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
    ●福山相続遺言相談室へのアクセス
    福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

    「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました

    生前対策まるわかりブック広島の専門家

    当相談室を運営しております瀬川司法書士事務所の代表 瀬川が「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました。

    相談事例Q&A

    ご相談事例を
    Q&A形式でご紹介
    いたします