相続手続き、遺言書作成、民事信託に関するご相談事例をご紹介いたします。

相続放棄と限定承認 | 福山相続遺言相談室

福山の方より相続放棄のご相談

2022年05月06日

Q:父の遺産を相続放棄するかどうか悩んでいます。申述の期限までに判断が難しい場合は何か解決方法はありますか?司法書士の先生、教えてください。(福山)

先日、父が亡くなりました。福山市内で無事に葬儀を終えて、相続の手続きをすることにしました。母は2年前に他界しており、相続人は一人娘の私だけです。

生前父と母は賃貸住宅に住んでおり、私が相続する遺産は父の預金ぐらいだと思っていました。しかし、遺品整理をしていく中で、父に金融機関からの借金があることがわかりました。相続に関しての遺言書等は残されておらず、借金の総額を調べているところです。

まだ父の財産についての全体像が見えてきておらず、相続するか相続放棄するかの判断を期限以内にできるかどうか難しい状況です。期限以内にこの判断が難しい場合には何か解決方法や救済措置があるのでしょうか?(福山)

A:期限に間に合わない場合には、“相続放棄申述期間の伸長の申立て”をすることができます。

まず相続放棄するためには、相続放棄の申述を相続があった事を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所へする必要があります。借金のような負の遺産を故人がお持ちの場合、相続放棄の手続きをしないことでプラスの財産もマイナスの財産も全て相続する単純承認とみなされ、負の遺産も相続する必要があります

相続か相続放棄かの選択が期限内での判断が難しいご相談者様のケースでは、家庭裁判所へ『相続の承認または放棄の期間の伸長』を申立てましょう。相続放棄の期限延長が家庭裁判所に認められれば、さらに1~3ヶ月程度相続放棄の期限を延長出来る可能性があります。

故人に負の財産があり、財産の全体像を把握するのに時間を要してしまう今回の福山のご相談様のようなケースは、珍しいことではありません。遺言書やエンディングノートが無い場合や、両親が離婚していたり、長い間離れて遠方に暮らしている場合など、財産の全体像を把握するまでに時間を要することは仕方のないことです。繰り返しになりますが、相続放棄には期限はありますが家庭裁判所への申立により延長できる可能性があります。焦らずよく考えて手続きを進める事、手続きに不安がある場合には専門家に相談するなど、確実に手続きを進めることをお勧めいたします。

 

福山相続遺言相談室は、相続放棄を含む相続手続き全般の専門家として、福山エリアの皆様をはじめ、福山周辺の皆様から多くのご相談、ご依頼をいただいております。福山相続遺言相談室ではご依頼いただいた皆様の相続手続きについて、福山の地域事情に詳しい専門家が親身になってサポートさせていただきます。まずは福山相続遺言相談室の初回無料相談をご利用のうえ、お気軽にご相談ください。福山相続遺言相談室のスタッフ一同、福山の皆様、ならびに福山で相続手続きができる事務所をお探しの皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げます。

福山の方より相続放棄のご相談

2022年04月01日

Q:父に借金があり、相続放棄を考えています。相続放棄のシステムについて司法書士の先生にお伺いします。(福山)

初めてご相談します。実母が数年前に亡くなっているため実父は現在、福山郊外で独り暮らしをしています。父は80代であるため、そう遠くないうちに相続手続きを行うことになるのではないかと、相続人となる私と弟の2人で相続の勉強をし始めたのですが、先日友人が両親に借金があったので相続放棄の手続きをしたと言っていたのを思い出し、私の父にも借金があるか調べてみました。調査の結果、どうやら父にも借金があるようですが、何を聞いても父は口を閉ざしてしまいます。現段階では収入となる遺産と借金のどちらが多いかは分かりませんが、もし父の借金がプラスの財産より多い場合は相続放棄をしようと思っています。まず、相続放棄について教えていただけますか?(福山)

 

A:相続放棄は「相続の開始を知ったとき(通常は死亡日)から3ヶ月以内」に家庭裁判所に申立てます。

相続というと、被相続人のプラスの財産のみ引き継ぐと思われがちですが、遺産相続では借金やローンなどのマイナスの財産も相続することになります。相続人は被相続人の借金を返済する義務が生じるため、被相続人の遺産に借金が含まれるかどうか財産調査を慎重に行って、財産内容を明確にする必要があります。財産調査の結果、プラスの財産よりもマイナスの財産の方が多くなると判明した場合は、相続放棄を選択して相続の権利自体を放棄すれば借金の弁済義務はなくなります。しかしながら現金や不動産などのプラスの財産も引き継ぐことは出来なくなります。

相続放棄とは、前述したように相続の権利を放棄して被相続人の財産を一切受け取らないことをいい、相続放棄をするとその相続人は最初から相続人でなかったことになります。ただし、相続放棄をしたことにより被相続人の負債がなくなるわけではなく、次の相続順位の人に相続権がうつることになるため、被相続人の両親や兄弟姉妹が新たな相続人となって被相続人の借金の返済義務を背負うことになります。したがって、相続放棄を選択した場合は、その旨を知らせる等の配慮を怠らないようにしましょう。

なお、一度相続放棄をすると撤回は出来ませんのでよく考えて選択するようにしてください。

被相続人に借金があると判明した場合、すぐにでも相続放棄をしたいと思われるかもしれませんが、被相続人がご存命のうちは相続放棄をすることはできません。また、相続放棄をする内容の契約書や念書などは法的な効力を持ちません。

福山相続遺言相談室は、相続放棄を含む相続手続き全般の専門家として、福山エリアの皆様をはじめ、福山周辺の皆様から多くのご相談、ご依頼をいただいております。福山相続遺言相談室ではご依頼いただいた皆様の相続手続きについて、福山の地域事情に詳しい専門家が親身になってサポートさせていただきます。まずは福山相続遺言相談室の初回無料相談をご利用のうえ、お気軽にご相談ください。福山相続遺言相談室のスタッフ一同、福山の皆様、ならびに福山で相続手続きができる事務所をお探しの皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げます。

福山の方より相続放棄についてのご相談

2021年09月02日

Q:相続放棄をするか検討中ですが、期限を延ばすことはできないのでしょうか。司法書士の先生、教えてください。(福山)

福山在住の主婦です。先月父が亡くなり、相続の手続きのため、財産の調査を進めています。当初はそのまま相続しようと考えていましたが、多額の借金が発覚し、相続放棄をした方がいいかもしれないと考えています。私は福山から離れて暮らしていますので、なかなか実家へ出向くことも出来ず、財産の全体像もいまだに掴めずにいます。このままの状態で相続をすることも、相続放棄をすることも避けたいです。相続放棄をするには期限があるようですが、期限を延ばすことは難しいのでしょうか。(福山)

A:相続放棄申述期間の身長の申し立てという制度を活用する方法があります。

相続放棄をするには相続があったことを知った日(多くは故人が亡くなった日)から3ヶ月以内に家庭裁判所へ相続放棄の申請をしなくてはなりません。この相続放棄の手続きを行わなかった場合には単純承認(全ての財産を相続する)をしたとみなされます。

両親が離婚していた、長く離れて暮らしていた等様々な理由で、相続財産の調査に時間がかかり、今回のご相談者様のように故人の財産状況を把握しきれないという方も少なくありません。財産調査が終わらないうちに相続放棄か単純承認かを決断することは後々のトラブルになることもあるため、避けたいものです。

このような場合には相続放棄の期限内に「相続の承認または放棄の期間の伸長」を家庭裁判所へ申立てましょう。家庭裁判所の判断により、相続放棄申述の期限を1~3ヶ月程度延長できるかもしれません。なお、伸長が認められない場合もありますので、注意しましょう。

福山相続遺言相談室では、福山の皆様の相続放棄についてのご相談をお伺いしております。相続放棄には期限がありますので、不安になり、焦ってしまう方も多いと思います。福山相続遺言相談室では、お客様のお悩みを解決すべく相続の専門家が福山の皆様の親身になってご対応させて頂いております。相続放棄を行うかどうかお悩みの際には福山相続遺言相談室へご相談ください。スタッフ一同、福山にお住いの皆様のお困り事をスムーズに解決するお手伝いをさせて頂きます。福山の皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

【受付時間】平日:9:00~18:00 土日祝・時間外対応可能(要予約)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック広島の専門家

当相談室を運営しております瀬川司法書士事務所の代表 瀬川が「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします