相談事例

福山の方より相続手続きについてのご相談

2018年04月26日

Q:相続人調査はわざわざ戸籍を取り寄せる必要ありますか?(福山)

父の相続が発生しました。相続手続きの流れとして、亡くなった人の戸籍謄本を取り寄せるとありますが、わざわざ戸籍謄本を取り寄せる必要はあるのでしょうか。相続人は、妻である私と子供2名と明白です。戸籍謄本を取り寄せる手間を考えると、必要あるのか?と考えてしまいます。(福山)

A:戸籍謄本による相続人調査は必要です。

相続手続きで最初に着手するのが戸籍謄本による相続人調査ですが、これは亡くなった方の出生から死亡までの戸籍全てを取り寄せます。相続人調査以外でも、後々戸籍謄本が必要となる場面が発生します。相続手続きには相続財産の名義変更がありますが、不動産や預貯金の名義変更をする場合には、被相続人の戸籍謄本が必要となります。財産の名義変更の手続きでは、戸籍上相続人である証明が必要なのです。後々戸籍謄本は必要となる上、相続人が明白であっても確認の為、戸籍謄本の取り寄せが必要です。

把握している相続人以外の面識のない相続人がいたというケースも実際にあります。相続財産の名義変更が終わったあとで他の相続人の存在が判明したとしたら、トラブルになるのは明白です。ですから、相続手続きの手始めに戸籍謄本の取り寄せはしっかりと行うようにしましょう。ご自身での戸籍謄本が大変だという場合には、福山相続遺言相談センターへお気軽にお問合せ下さい。

 

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

【受付時間】平日:9:00~18:00 土日祝・時間外対応可能(要予約)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック広島の専門家

当相談室を運営しております瀬川司法書士事務所の代表 瀬川が「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします