相談事例

福山の方より相続についてのご相談

2020年11月16日

Q:相続財産を調査する上で、銀行の通帳が見つからない場合はどうしたら良いか司法書士の先生にご相談したいです。(福山)

私は福山に住む30代会社員です。先月私の母が病気で亡くなり、現在は相続手続きを行っています。手続きを行う中で現在悩んでいるのが、母の口座の通帳が見つからない事です。母は会社員で、病気に伴い退職したため退職金が口座に入っているはずなのですが、見当たりません。なお、通帳だけでなくカードもないため、どの銀行か分からず問合せをすることもできない状態です。現在は相続人である私と父と兄の3人で探しているのですが、このまま見つからなかった場合どうしたら良いのか分からず悩んでおります。私たちが、銀行を調べ、相続手続きを行うにはどうすれば良いでしょうか?(福山)

A:銀行に口座情報の照会を行うためにも相続人であることを証明する戸籍を取り寄せてきましょう。

まずは、再度遺品整理を行い遺言や相続財産を記載したノートなどの存在がないかご確認ください。ご相談者様のお母様はご病気で亡くなったとのことなので、遺言書が存在する場合、相続手続きの方法も異なりますし、遺産の分け方とともに銀行の口座番号も記載されている可能性が高いでしょう。遺言は公正証書で作成することもできるため、公正役場に問い合わせをすることをおすすめします。相続人の方が被相続人の情報を全て知っていること自体はあまりないので、まずはお母様が遺されたものの確認を行ってください。なお、相続人は銀行に対して故人の情報開示を求めることができます。口座の有無や口座の残高証明、取引履歴などを確認するためには、ご相談者様が相続人であることを証明する必要があるので、あらかじめ戸籍を収集しておきましょう。

被相続人が遺言やメモなどを遺していなかった場合は、銀行から届いている郵便物やタオルなど、手がかりとなるものを探していただきます。銀行を特定する上で、通帳やカード以外の情報もありますので調べていきましょう。手掛かりがない場合でも、自宅や会社近くの銀行に直接問い合わせることは可能なので、お母様の生活圏内にある金融機関をピックアップしておきましょう。

相続の手続きは複雑であり、分からないことも多く出てくると思われます。さらに、相続手続きには期限がありますので、不慣れな方が行うと時間がかかりペナルティが課せられることもあります。ご自身だけでは不安な方は、ぜひ専門家に相談することをお勧めします。福山相続遺言相談室では、相続における専門家が揃い、様々なご相談内容に合わせ丁寧に対応しております。初回完全無料相談も実施しておりますので、相続についてお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。福山にお住まいの皆様のご利用を心よりお待ちしております。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

【受付時間】平日:9:00~18:00 土日祝・時間外対応可能(要予約)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック広島の専門家

当相談室を運営しております瀬川司法書士事務所の代表 瀬川が「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします