相続関係説明図の作成

相続関係説明図について解説いたします。被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を収集し、相続人が明らかになったら、相続人の関係を分かりやすく図式化します。これを相続関係説明図といいます。相続関係説明図をきちんと作成しておくことで、後の遺産分割協議でも相続人全員が分かりやすいので、スムーズに話し合いを進める事ができます。

では、下記にて相続関係説明図の作成方法についてご説明します。

 

書式

書式の指定は特にありません。紙の種類や大きさ、縦書き横書き、手書きかパソコンでの作成かは自由です。誰が見ても分かりやすい図を作成するようにしましょう。

 

相続関係説明図の作成の際に必要な書類

  • 被相続人の出生から死亡までの一連の戸籍謄本・除籍謄本・原戸籍謄本
  • 被相続人の最後の住所地を証明する書類(住民除票、戸籍の附票)
  • 相続人全員の住民票
  • 相続人全員の戸籍謄本

相続関係説明図を作成する際には、収集した上記の戸籍謄本をもとに作成していきます。戸籍謄本が古いものであったりすると、解読することが困難なケースもあり、大変困難な作業になってしまいます。


上記のような難しい戸籍があり、相続関係説明図の作成が難しいという場合には、福山相続遺言相談室にご相談ください。

相続手続きについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

【受付時間】平日:9:00~18:00 土日祝・時間外対応可能(要予約)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック広島の専門家

当相談室を運営しております瀬川司法書士事務所の代表 瀬川が「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします