更正の請求とは

相続税申告をした後に、「本来申告すべき額よりも、多く申告してしまっていた!」と気付いた場合、払い過ぎた税金の払い戻しをすることがいいます。

管轄の税務署長に対して更正の請求に関する申し込み書類を提出することで、その内容について「本当に返還すべき税金が発生するのか」を検討してもらうことができます。
納税額の減額が認められると、税金が還付されます。

 

更正の請求が使われるケース

一般的に相続税申告は、相続人同士で遺産分割を完了させてからそれぞれ取得した分の相続税申告をしますが、場合によっては相続税申告の期限までに遺産分割が終わらないこともあります。

遺産分割が終わっていないからといって相続税申告の期限が伸びることはないうえに、期限内に申告しなければ認められない税法上のさまざまな特例等が存在します。

そのため、中にはひとまず相続税申告をしてから遺産分割協議を完了させることもあります。申告後に遺産分割が完了し、実際に相続人が遺産を取得した際に申告時の内容と異なることがあります。

上記のようなケースで且つ、当初に申告した相続額よりも実際に取得した財産が少なかった場合には払い過ぎた税金を払い戻します。これが更正の請求が使われるよくあるケースです。

他にも更正の請求は下記のようなケースで適用されます。

  • 遺言書をみつけて遺産分割をやり直した場合
  • 遺贈先の方が放棄をした場合
  • 遺留分減殺請求をされ、取得分に変更があった場合
  • 申告後に遺産分割の方針が定まり、それによって税法上の特例(小規模宅地等の特例など)を適用した場合 等

 

相続税申告について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

【受付時間】平日:9:00~18:00 土日祝・時間外対応可能(要予約)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック広島の専門家

当相談室を運営しております瀬川司法書士事務所の代表 瀬川が「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします