相談事例

福山の方より相続についてのご相談

2019年03月11日

Q:相続手続きがなかなか進まない。相続放棄に期限はありますか?(福山)

今年の1月に福山に住む私の母が亡くなりました。私と妹が相続人ですが、二人とも仕事が忙しく、福山とは別の場所で生活している為、相続手続きが順調に進まないまま2か月が過ぎてしまいました。母の財産は福山にある実家の土地建物ぐらいで、現金はほとんどありません。実は母には長年返し続けている借金もあり、私たち姉妹は相続するかどうかも判断しきれていません。急がなければいけないのは分かっているのですが、期限はあるのでしょうか?(福山)

 

A:相続放棄を行うならば、期限が決められています。

相続の放棄もしくは限定承認を望む場合は、くれぐれも期限を過ぎないように注意してください。相続放棄と限定承認に関しては、自己のために相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内と決められています。もしこの期限が過ぎると自動的に単純承認とみなされ、負債分も含め相続をすることとなります。お母様に負債等があり、単純承認するかどうかまだ判断できない場合、この期間の伸長を行うことをおすすめします。期間の伸長を行うためには相続放棄の期限同様、自己のために相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申立てを行う必要があります。

 

なお相続すると決めた後には遺産分割協議や、不動産の相続登記を行うと思います。期限はありませんが、時間がたつと相続人が変わることになってしまったり、役所の保存期間を過ぎて必要書類が取り寄せることが困難になる可能性があります。いずれにせよ、なるべく早く相続手続きを完了することをおすすめします。

 

ご相談者様や妹様がなかなか時間が取れずに手続きが進まないのであるならば、専門家に依頼することもご検討ください。福山相続遺言相談室では相続に関するご心配事のご相談をお受けしております。特に相続の放棄を行うためには準備にかけられる時間も限られています。まずは無料相談をご活用ください。

福山の方より遺言書についてのご相談

2019年02月09日

Q:自筆証書遺言が書きやすくなったと聞きました。どのようになったのでしょうか?(福山)

昨年度に行われた法律の改正によって自筆証書遺言の方式が緩和されたと聞きました。私は福山で長年事業を営んでおり、今息子たちに財産をどのように分けるかを検討しています。

自筆証書遺言を作る準備をしているのですが、どのように方式が緩和されたか教えていただけますでしょうか?(福山)

A:財産目録について手書きで作成する必要がなくなりました。

自筆証書遺言の方式緩和は2019年1月13日に施行されました。自筆証書遺言は今まで全文を自書する必要あったのですが、これにより財産目録についてはパソコンで作成したり、通帳のコピーを添付することが認められるようになりました。ただし、偽造防止のため財産目録にも署名押印を忘れないようにしてください。

なお自筆証書遺言に関しては法務局における遺言書の保管等に関する法律も2020年7月10日に施行する予定です。これにより自筆証書遺言の保管を法務局に申請することができるようになり、保管された遺言書に関しては相続開始時に家庭裁判所による検認が不要となります。

ただし、もしご相談者様が今から遺言書を作成するのであるならば、ぜひ専門家に相談し、公正証書遺言での作成もご検討ください。大切なことは内容と、正しい形式で有効である遺言書を作成することです。もちろんご相談者様の希望を叶えることが第一ですが、遺留分など配慮し、将来相続人間で争いを起こさないよう考えることも重要です。

 

福山相続遺言相談室は司法書士はもちろんのこと、相続税対策は、パートナーである税理士も協力し、福山のお客様にとって最善である遺言書を一緒に考えていきます。遺言書はいつでも書き直しができるので、いざという時のために早めにとりかかることをお勧めします。ぜひ一度無料相談にお越しください。

福山の方より遺産相続についてのご相談

2019年01月10日

Q:相続人に認知症の人がいる場合の遺産相続(福山)

弟の相続についての相談です。弟は結婚をしておらず子供もおりませんでしたので、相続人は両親になります。相続人である母が現在認知症を患っており施設に入所しております。介護度も高いので物事の判断はつかない状態ですが、遺産分割協議を行う上で何か手続きが必要になりますか?(福山)

A:認知症の方の代理人が必要になります。

認知症を患っている場合、意思判断能力が十分でない事からその方の意思は法的に認められません。しかし、遺産分割協議は相続人全員での協議が前提となりますので、認知症だからといってその相続人を省いて協議を進める事は出来ません。ですから、認知症の相続人には代理人を立てる必要があります。身内だからといって、認知症の方にかわり家族が署名や実印を使用する事は法律により違法とされていますので絶対にしないようにしましょう。

相続の場合、同じ相続人であるお父様は利益相反となるため、お母様の成年後見人として遺産分割協議に参加することは出来ません。家庭裁判所が選任する成年後見人をたてる事になります。なお、遺産分割協議後も成年後見制度は続きます。

福山の方で、相続人に認知症の方がいて成年後見人の申立てを家庭裁判所へとする必要がある方は、私どもにお任せ下さい。敷居の高い家庭裁判所への申立ての準備、手続きのお手伝いも経験豊富な司法書士がさせて頂きます。どんな些細な事でも構いません。ぜひお気軽にご相談下さい。

福山の方より相続についてのご相談

2018年12月04日

Q:おなかの中の子も相続できますか?(福山)

先日、友人の夫が亡くなりました。友人は妊娠中で半年後に出産を控えています。この場合、夫の遺産分割の際はおなかの中の子も相続人になれるのでしょうか? 亡くなった夫の両親はすでに他界されていますが、弟が1人います。おなかの中の子が相続人として認められるか否かで友人の相続の内容が大きく変わってくると聞きました。(福山)

A:胎児にも、条件付きで相続する権利が認められています

民法上、被相続人が亡くなった時におなかの中にいたの子については、相続人として認められます。

今回のケースでは、もし妊娠していなかった場合、相続人は妻と弟になります。しかし、妊娠中の場合は、相続人は妻とそのこれから産まれてくる子の二人になるのです。

通常、相続人に胎児がいる場合、遺産分割協議や手続きを胎児が無事に出生するまで待ちます。死産だった場合にははじめから相続人にならなかったものとして扱われることになるので手続きのやり直しが必要になるからです。

ちなみに無事に出生されて、その子を含めた遺産分割協議をする際は、子に法定代理人を立てる必要があります。この代理人には母親がなることはできません。母親と子は同じ相続人として、母親の相続分がふえれば子の相続分が減る、という利益相反の関係になるからです。

相続や遺産分割協議のことでわからないことや不安に感じていることがあればぜひ福山相続遺言相談室の初回無料相談をご利用下さい。経験豊富な相続の専門家がおこたえいたします。

福山の方より遺言書についてのご相談

2018年11月08日

Q:家族が困らないような遺言書を作成したい(福山)

私の財産ですが、福山の自宅とその他に不動産を2つと、預貯金があります。自分の相続が発生した時に、家族が遺産分割でもめてしまうのではないかと不安です。ですから将来、家族が困らないような遺言書を作成したいです。しかし、どのような内容だともめないで済むのか、どのうような作成方法があるのか分かりません。アドバイスをいただきたいです。(福山)

A:遺言書は公正証書遺言で作成される事をお勧めします。

遺言書を作成する方法としては、自筆証書遺言と公正証書遺言があります。お勧めする公正証書遺言とは、公証役場で作成する方法です。費用は多少かかり公証役場へ出向く必要がありますが、公証人立ち合いのもとで作成され、遺言書の内容にチェックが入るため、内容に不備があることがなく効力がある遺言書を作成することができます。また、遺言書の原本は公証役場で保管されますので、紛失したり改ざんされたり、亡くなったあとに発見されないといった心配がありません。

一方自筆証書遺言ですが、費用はかからずに手軽に作成することができますが、書き方に不備があると遺言書として効力をもたないものを作成してしまうことがあります。また、遺言者が亡くなったあとに、残されたご家族になかなか発見されないというリスクもあります。

上記の事を考慮すると、より確実に遺言を残すことができるのが公正証書遺言です。

作成方法としては他に秘密証書遺言という方法もございます。いずれにしてもより確実に遺言書を残したい場合には公正証書遺言を推奨いたします。

遺言書の内容についてですが、ご相談者様の家族構成やご事情などを詳しくお伺いした上でアドバイスさせていただけばと思います。福山にお住まいで、遺言書の作成をお考えとの事ですので、ぜひ当相談室の初回無料相談へお気軽にお越しください。

5 / 7...34567

初回のご相談は、こちらからご予約ください

 

フリーダイアル:0120-312-489

【受付時間】平日:9:00~18:00 土日祝・時間外対応可能(要予約)

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • お問合せ

当相談室では、福山を中心に相続や遺言書、民事信託に関する無料相談を実施しております。福山の皆様のお役に立てるよう、相続や遺言書に関するお悩みを福山の司法書士が親身になってお伺いします。どうぞお気軽にお問合せください。
●福山相続遺言相談室へのアクセス
福山市東桜町2番11号 福山センタービル5階

「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック広島の専門家

当相談室を運営しております瀬川司法書士事務所の代表 瀬川が「生前対策まるわかりBOOK」に広島の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします